MG 06R(ガイア機)を製作しました。
MG ZAKUVer2.0になり、抜群のスタイルと可動域を併せ持つキットへと変貌しました。
本キット(MS-06R)は、J型から脚部とバックパックが高起動仕様となり、いわゆる「やられキャラ」を完全に脱したものとなりました。
無改造でも完成度は極めて高次元ですが、今回はHIQpartsさんから多大な協力を得て、究極の高起動systemを保有する06Rの製作に挑戦しました。
また今回は通常モードに加え、近距離強襲モードを換装で再現できるようにしました。

尚、豊富なアフターパーツに見劣りしないよう、改修も加えております。以下工作に関する解説です。
頭部
頭頂裏からパテにて裏打ちし、出来る限り削り込んで平にしました。
モノアイはMODEL UP-SPプレート+HIQ-SPアイズに変更。
サブカメラを市販パーツ+AKOホビーオーロラデカール(グリーン)で追加。
ひさしは0.5mmプラ版で幅を狭くして目つきを変えています。
口はプラ版で3mm延長すると同時に出口はできるだけ薄く削りこみました。
・パイプはMODEL UR-ザクU J&S対応セットに変更し情報量を増やしました。
・ブレードアンテナを装備したヘルメットも製作しましたので、お好みで選択可能です。
胸部
肩に移行するラインが貧弱に見えたのでパテで修正しました。その他エッジの処理を丁寧に行いました。

両側に牽引フックを追加。
上腕
上腕で1.5mm短縮した上、パーツを削りこみ細くしました。
近距離強襲モード時は右肩にはシールドではなくスパイクアーマーを装着します。このため他キットから流用し、全く同じものを2個製作しました。
スパイクはG-テンプル−スパイクアームズを使用しました。

シールドは通常モードで左右6mm、長さ3mm延長し、近距離強襲モードでは左右長さともに6mm延長、
先端スパークはG-テンプル−スパイクアームズ(2パーツ)で製作しました。
持ち手はザクマシンガン(他キット)のパーツ+プラ版で製作し、一部にディテールを追加しました。

肘関節のシリンダーは一体型のものからモビルパイプ+プラ棒で製作。
マニュピレータは、薄い印象を受けたので、親指の基部のみエポパテで太らせました。
腰部
腰と胴体のジョイント部で1.5mmφ真鍮線で補強しつつ1.5mm延長しました。
各アーマーは様子を見ながら23mm延長しました。フロント、リアにはディテールをプラ版で追加。
フロント中央ブロックはエポパテで大型化し、プラ版でパネルラインを追加しました。
中央ブロック下部には高速移動からの急停止を想定し、逆噴射用のスラスター(AKOホビー製フラットスラスター×2)を追加しました。
下肢
股関節のジョイント部で3mm、これにあわせて大腿の装甲もエポパテで延長しました。
大腿部にはVer1.0を参考にスジを追加。
つま先は好みの形状に変更すると同時に延長し、すねつま先のラインが自然になるようアンクルアーマーも形状変更しました。
その他チラ見せを意識してシリンダーを別パーツ化し、塗り分けました。
両側に計6基のスラスターはAKOホビー製ラージスラスターの外側+スモールスラスターで密度を上げました。
それぞれを塗り分けることにより、情報量はノーマルと比べると格段に増えています。

ふくらはぎのパイプはHIQparts製のデュアルパイプに変更。
バックパック
スラスターは、ふくらはぎ同様AKOホビー製ラージスラスターの外側+スモールスラスターに変更し、
基部はG-テンプル−スパイクアームズのパーツを流用しました。

高出力な機体という設定で、両サイドにプロペラントタンクを増設しました。
その他角バーニアをコトブキ製、2の所はノーマルを削り落として同じくコトブキ製の角バーニアを仕込みました。
武器類
マシンガンのスコープはAKOホビー製フラットスラスターの1パーツ+同社製オーロラデカール(グリーン)
その後方はMODEL UP-メタルパイプを装着しました。またアクセントにHiQ-メタルマイナスモールドを追加しました。

バズーカのスコープはMODEL UP-SPプレート+ AKOホビーオーロラデカール(グリーン)でデコレイトしました。
その他付属品
数年前手に入れたガチャガチャのおまけである、「黒い三連星の胸像」。渋いです(
塗装
F:フィニッシャーズ G:ガイアノーツ C:クレオス
濃紺 
・黒  Gピュアブラック+Fファンデーションフォワイト
・灰  Fファンデーショングレー+
尚、濃紺部分は類似色によるドット状迷彩パターンで塗装しました。
デカール
HiQ-NCデカール、自作をメインに全身に水転写式にてスケール感を重視して貼り付けました。

























以上、できる限り詳細まで記載しましたがいかがでしょうか?
何度作っても同じ物ができないのがザクの魅力であり、難しい所ではないかと思います。
今回はパーツを提供していただいたお陰で、かなり思い切ったものができました。
スラスターは本キットにとって「花」と言えるパーツであり、メタル製に変える事により誰でも簡単にワンランク上の作品を制作することができます。
高価なではありますが、ぜひ採用していただきたいパーツです。その他メタルパーツは精度が高く、作例をキリっと引き締めてくれます。
メインのパーツ、アクセントにと使用方法は多岐に渡ります。これらを考えるのも楽しいですね^^

今回の06Rを製作するにあたり、HiQpartsさんがスポンサーになってもらい、多くのパーツを提供していただきました。
本当にありがとうございました。多種のパーツを使用し再確認したのは「汎用性の高さ」です。
スラスター類に関わらずありとあらゆる種類のパーツを販売され、それらが単独ではなく複合で使用可能でした。
また本来の使用法を逸脱してもそれが自然に収まり、まさに無限の可能性を体感しました。


今後もHiQpartsさんの動向に目が離せませんね^^

製作中
各部詳細
アクションイメージ
武器類