HGUC サザビーを製作しました。
最近のHGシリーズによる「逆シャアシリーズ」はまだまだ続きそうで、我々ファンにはドキドキする日を楽しめそうです^^
組んでみた印象は、やはり「好キット」というのが第1印象。
その後よ〜っく観察し、自分の気になる箇所へ手を加えました。
以下に工作内容を解説します。
[頭部]
アンテナをシャープに整形。
モノアイはラインストーンへ変更し、効果的に光を拾うように。
ヘルメット後部にフレームを模したディテールを追加。
[胸部]
首廻りのパイプはモビルパイプ+メタルパイプへ変更。
パイプ合流部にn,bloodさんご指導しよる「しいたけディテール」を追加。
胸部(両サイド)のダクトは開口し、裏からメッシュを貼り付け。
胸部(両サイド)の上面・側面にフレームを模したディテールを追加。
[上肢]
サザビー特有の半円形のモールドは、エバーグリーン製の半円プラ棒へ置き換え。
肩アーマー(3分割の内側)は曲面で構成されているため、徹底的に削り込みエッジを作成。
肩アーマー(3分割の外側)の内部は空洞であるため、AKOホビー製ラージスラスター(アウター)+プラ版によりディテールを作成。
アーマー(前面)に配される4基の角型スラスターは市販品の角バーニアと、プラ版で新規に作成。
上腕に配されるシリンダー風のディテールは、モビルパイプ+ブラスパイプMax+プラ棒で作成。
肘関節には、HiQparts製のツインサークルを配し情報量を向上。
手首はMG ZZガンダム製を追加(一部ノーマル製も付属します。)
[胴部]
胴回りのパイプは、1mmΦの針金+スプリング+メタルパイプの組み合わせに変更。
ウエストは1.5mm延長。
股間ブロックは左右で1mm幅増し、前方への突出を強調。
Fアーマーはプラ版にてスクラッチ(ノーマルより大型化と形状変更目的)
上記に伴い、各部に配されるスラスターも新規に作成。
Sアーマー裏側のスラスター6(片側3)は、メタル製に変更および多重構造化。
RアーマーはHCM-proを参考に、大幅な形状変更(詳細は画像にて)
Rアーマー後部の角型スラスターはHiQparts製ツインスクエア(アウター)を採用(内部はプラ版で製作)
[下肢]
膝アーマーはプラ版にて大型化。
膝関節にHiQparts製ツインサークルを追加。
股関節は関節技に変更し、軸の位置を1mm上げ外側にオフセット。
ふくらはぎの半円モールドは、肩部と同様に改修。
足首には、メタルパイプ+アルミ棒でシリンダーを追加(スプリングで取り付けてあるため可動します)
つま先はエポキシパテで延長。
スリッパ内部には板おもりを追加し、安定性を向上。
[バックパック]
3基のスラスター中央に、フィンを模したディテールを追加。
プロペラントタンクはb-club製のMGサザビー用アクセサリーキットから流用し、短縮および中空化(軽量化)を施工。
プロペラントタンクガードをバキュームフォームで型取りしたプラ版より作成(フィン状のディテールも同時に製作)
ノーマルの曖昧なディテールを、市販品に置き換え明確に。
[武器]
ライフル上面(前後部)のパイプ風ディテールおよび銃口部はメタルパイプで再現。
b-club製のMGサザビー用アクセサリーキットのロングライフルを小改修し、ハイパーメガランチャーとして流用。
[各部共通処理(一部上記と重複)]
パネルラインとボリュームを増すという目的で、随所にバキュームフォームで型取りしたプラ版を貼り付け。
モールド、1mmのボール(メタル製)、内部のフレームの露出を模したディテールを随所に配置。
角型スラスターはレックレスの作例を参考に、すべて開閉式に変更。
ノーマルのスラスター(25)はすべてメタル製に変更し、同時に多重構造化。
デカールは、MDプリンター使用による自作したものと、HiQpartsNCデカールを使用。
[塗装レシピ]
 F:フィニッシャーズ C:クレオス G:ガイアノーツ
赤:Fリッチレッド+Fピュアイエロー+C蛍光オレンジ+Fファンデーションホワイト
グレー(本体) Fファンゲーショングレー+Gブラック
グレー(バックパック) Fスーパーディープブルー+Gブラック
グレー(武器)Fスーパーディープブルー+Gビリジアングリーン
 グレー(フレーム)Cスーパーアイアン

以上が工作内容です。もちろん書ききれてないこともありますが、その他については画像でご確認ください^^;




全体像
各部の詳細1
各部の詳細2
アクションポーズ
付属品
製作中
ノーマルとの比較