顔のアップです。

本体やシールド裏等、細かく塗り分けました。

胸、腕、股間ブロック、膝アーマーのアポジーモーターはメタルパーツに置き換えました。

腰部アーマー裏の塗り分けです。

今回は専用ディスプレイスタンドを作成しました。鏡面ですので写り込みもお楽しみ下さい。

MGとの比較です。1/144でもこの存在感!

仮組の時点でどうなることかと思ったこのキットも、作業が進むにつれどんどん入り込んでいきました。
久しぶりのガレージキットでとまどいもありましたが、何とか完成に至りました。
スタイル、ディテールを改修することで、とても満足する作品となりました。いいキットですよ・・ある意味。
2本足による自立試験もみごとにクリアー!ただ不自然な出で立ち(汗)となりますので専用スタンドも作成しました。つま先までピンっとして飾って下さい。

青色がうまく出ません・・実物の青はもう少し紫よりです。

腰部アーマー、下腿部のスラスターはマスキングで塗り分けました。

頭部
とさかはパテにてボリュームアップ、逆に後頭部は削り込み小型化。ひさしもアルテコで形状変更。
頬ダクト(下側)は大幅に小型化、フェイスの取り付け位置・角度・形状を変更し、馬面を改善しました。(私的にですが・・・)

ノーマルでは頭部が浮いた感じでしたので、首を1.5mm縮めています。
上肢
肩アーマーの取り付け方法ですが、差し込み式からBJに変更しました。これでアーマーの表情が豊かになります。また取り付ける高さを上げ、視覚的に小顔に見えるようになります。丸見えのポリパーツは、角バーニアでふさぎ、可動範囲を変えずに見えなくなりました。上腕は太すぎるため、2周りほど細くしました。肘はKOTOBUKIYA製の関節パーツに変更し保持力を高めました。

胴体
1/100では定番の工作でありますが、1/144も胸部のボリュームアップをエポパテで行いました。バランスを保つため股間全面もボリュームアップしました。腰部アーマーはサイドと後方のものは取り付け位置を変えず上方に2mm延長、フロントは長さを変えず、取り付け位置を2mm上げ、足長に見えるようにしました。胴体はくびれを作るため、プラ板とパテで3mm延長してありますので、アーマーの位置変更によるバランスの崩れはありません。
下肢
股関節は差し込み式で、体軸から離れる運動が抑制されるため、ボールジョイントに置き換えました。
大腿で3mm延長しました。
膝アーマーはパテで形状変更と同時に大型化、つま先はパテで延長し、とがらせました。
その他
ファンネルは、BJでの接続でした。この方法では可動はするのですが、BJの丸見えで、見た目がひどいです。取り付け用のアタッチメントをパテで作成し、塗装後ファンネルは接着します。従いまして2ヶのみ(なぜ?)開いたファンネルのギミックもなくなります。
プロペラントタンクは本体の延長に合わせ、6mm延長し、中空加工を施し軽量化しました。
アクセントとしまして、メタルパーツを所々に追加し、胸、腕、股間ブロック、膝アーマーのアポジーモーターはメタルパーツに置き換えました。
エッジというエッジはすべてだるだるです。非常に重要でもある作業ですので地道に行っております。これらをパーツというパーツすべてに施行します。また本来別パーツであることを示す溝はエッジングソーで掘り直しました。
尚、改修中の画像はこちらから

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

topへ