MG DESTINY GUNDAM

劇場ではこの機体のDESTINY(運命)はどうお感じになられたでしょうか?
私個人は圧倒的な機動力と破壊力を持ちながらもパイロットの心が未熟のため、その存在意義を発揮できなかった悲運の機体という印象です。
一方で既存するガンダムにはない斬新的なデザインは、その制作欲をかき立てもしました。
以前、1/100がでた時にはキットに飛びつき、肩や腰部のアーマー一つとっても
その生物的なラインやコウモリを連想する「羽」からDEVIL(悪魔)と重複し、なぜか魅力を感じるMSとなっていました。

今回はMG化ということで、上記の特徴が強く造形されその魅力はさらに強くなりました。
キットのインプレッションは意外と他サイトで取り上げられていませんが、
可動域・スタイルともに高次元で両立されており、改修モデラー泣かせのキットであることは間違いありませんw

ディテールを追加し、簡素な面を無くすことでいつまで見ていても飽きの来ない完成度を目指しました。

以下工作に関する解説です。

頭部
前後のモノアイ及びツインアイにはHIQPARTS製オーロラフィルムを貼り光を拾うよう様に。
フェイスは取り付けを上奥に変更し、精悍な顔つきを目指しました。
こめかみのバルカンはHIRPARTSが供給するMODEL-UP製デュアルパイプから内側を使用しています。
胸部、上肢
スジ彫り、プラ版によるディテールを追加しました。
肩アーマーはプラ版にてパネルラインおよび立体的構成を変更。
手首、前腕の八角ディテールはプラ版で新造し、
手首側にはHIRPARTS製マイナスモールドオルタおよびリングオルタでアクセントをつけました。
手のひらの銃口もメタルパーツに交換しています。
腰部
側面の一部を切り抜き、内部のフレームが露出するよう改修しました。
スジ彫りを追加。
前後アーマーにスジ彫りを追加し、前部に関してはプラ版でディテールを追加しました。
サイドアーマーには練塗りわけしたプラ版を追加しアクセントに。
下肢
大腿、下腿ともに前後の張り合わせ部を削り、わずかな隙間を作りました。
大腿遠位端はプラ版追加によりパネルラインを変更しました。
他部位同様スジ彫りやプラ版によるディテールを追加しています。
かかとは面が間延びしているよう感じたのでプラ版にてパネルラインを複雑化しました。
スリッパのスジ彫りは、左右非対称な造形に合わせ、外と内側のデザインを変えています。
バックパックおよびウィング
バーニアはHIRPARTSが供給するAKOホビー製のアルミタイプ(3重構造)に交換。
大羽、中羽(目立つ部分)は合わせ目を消し、これに伴う後ハメ加工をしています。
子羽はエッジをシャープに整形しました。

ウィングはグラデーション塗装を施しました。
武器類
ビーム、ソードともに合わせ目を消し、これに伴う後ハメ加工。
ビームは銃口にプラ版でディテールを追加し、センサーにオーロラフィルムを貼ってあります。
シールドは両サイドにHIRPARTS製リングオルタでアクセントをつけました。
デカール
HIRPARTSNCデカール、ガンダムデカールをメインにいずれも水転写式を使用しています。

  塗装レシピ

   F:フィニッシャーズ C:クレオス G:ガイアノーツ
   白 F:ファンデーションホワイト+G:ラベンダー+G:ピュアホワイト+C:グリーン
  青 G:コバルトブルー+Fファンデーションホワイト+C:蛍光ピンク
  赤 F:ピュアレッド+F:ピュアイエロー+F:ファンデーションホワイト
  黄 F:ピュアイエロー+F:フェンデーションホワイト+C:蛍光レッド
  (フレーム1) F:ファンデーションホワイト+G:ラベンダー+G:ピュアブラック
 (フレーム2) F:ファンデーショングレー+G:コバルトブルー+G:ピュアブラック
 ビーム砲 G:ビリジアングリーン+F:ファンデーションホワイト
 ジャイアントソード G:ラベンダー+F:ファンデーションホワイト











 あとがき
パーツ数が半端でなく、結局通常版も買い足して紛失に対応しました^^;
フィギュアも完璧に塗装するとなると、かなり模型環境が整ったモデラーでないと完成に漕ぎ着けるのは困難かもしれません^^;
最近のMGは成形色で細かく分割され、素組派にとっては最高キットであると同時に、
我々塗装派にとっては、非常にハードルが高い素材ではないでしょうか?
今回はそのハードルを越えたか否かは別として、作り終えた後の充実感は存分に味わうことができました。

今後、MGシリーズはどこまで発展していくのでしょうか?
非常に楽しみでもあり、ある意味不安も感じています^^;


各部詳細
アクションイメージ
製作中画像