新カテゴリーRG(1/144)第一弾、RX-78-2 GUNDAMを製作しました。
バンダイが持つ技術の水位の高さをまざまざと見せ付けるスーパーキットです。
フレームのパーツ点数は従来の1/144より少なく、外装を構成するパーツ数はMGを超えるという斬新な作りは、ガンプラ初心者がしっかり作るには少し敷居が高い気
もしますが、組んでデカールを貼って終わり、という分にはまさしく過去に無い出来栄えです。
パーツ分割はまさに神業で、マスキングをほとんどしなくても1/1ガンダムが再現できます。
稼動もすばらしく、1/144というスケールを忘れさせてくれるような外装のスライド・・・
ここまで来たんだ(来てしまったんだ)、という複雑な思いです。

工作について説明します。
このキットのポイントは、いかに塗装してもモールドを消さずに再現できるか、フレームの素材であるABS樹脂の塗装、デカールの3点だと思いました。
モールドに関しては、既存のモールドをすべてデザインナイフで彫り起こしサフレスで仕上げました。デザインナイフで彫ったにも関わらず、1/144というスケールには
過剰ともいえるモールドは、外装に類似色でスミ入れでも浮き上がって見えました。そこで、いったんスミ入れの終了後、さらに馴染ませるため薄めた塗料で吹き加え
ました。ABS樹脂は、プライマーを吹き、その後塗装することで強い塗膜を作っています。撮影時のポージングでも塗装の剥げは皆無でした。デカールはHIQpartsさん
のNCデカール05/144用を使用し、キット付属のリアルスティックデカールは肩のマークのみギリギリまで余白を除き使用しました。両胸にはReckless製のデカールを
使用しています。もちろんバリ、ヒケ等の基本処理はきっちり行うことで、小さいながらも目に飛び込んでくる情報量は嫌味でなく、それでいて存在感はしっかりした作品
になったのではないでしょうか?^^
特に肝は「モールド」だと思います。
そのあたりを見ていただければ嬉しいです^^


















NEXT