HGエクシア

各サイトで絶賛されているキットです。組んでみた印象はやはり「良い」と素直に感じました。
最近の
1/144は一昔前のMGを髣髴させるスタイルとギミックを併せ持っている事は周知の事実ですが、
このエクシアは販売間もない
1/100と同等のスタイルを有しています。
「え?
1/144出たばかりなのにもう1/100出るの?」と疑問の声も聞こえてきそうですが
この辺りにバンダイさんの
1/144に対する自信を感じました。
今回は
1/100をライバル視()し、密度(ディテール)の充実を図り製作しました。

以下工作に関する解説です。

頭部
ツインアイ、前後のセンサーは付属のものを切り抜いて使用しています。アンテナは定番ですがシャープに加工しました。
頬ダクト中央のフィンは
0.25mmプラ版をさらに薄く削ったものから新造しました。

胸部
GNドライブ周囲のパーツ()にスジ彫りを追加。ダクト中央のフィン(黄パーツ)は削り込んで薄くしています。
両側のアンテナ()はシャープに加工しました。
上肢
・肩アーマーは合わせ目対策として後ハメ加工を施しています。既存のモールドを生かしつつスジ彫りを追加しました。
腰部
・股間ブロック()にスジ彫りを追加。左右のガード(赤パーツ)は上下で分割し、
従来ミゾであった部分を削り落としてフレームは露出するよう改修しました。

下肢
後ハメ加工後に大腿、膝、アンクルアーマー、スリッパにスジ彫りを追加。
武器
ライフルの銃口は2mmの面取りパイプでデコレート。
各シールドは塗り分けの精度を上げるべく出来る範囲で切り離しました。

ソード、ブレイドは先端をシャープに加工しました。
その他の作業

GNドライブ(クリアパーツ)は裏面からクリアカラー(配色は後述) →メッキシルバーで塗装し、表は極細コンパウンドで磨き上げました。
胸部左右ブロック、股間ブロック、下腿部にアクセントとなるようプラ版を切り出したディテール()を追加しました。
両肩、股間ブロック、大腿、スリッパにφ0.4mm(0.3mm)のリベットを打ち込んであります。
デカールは市販のものをディテールとバランスを見ながら控え目に貼っております。
塗装レシピ
F:フィニッシャーズ、G:ガイアノーツ、C:クレオス
白 F:ファンデーションホワイト(FW)+F:ピュアブラック+G:ラベンダー
青 G:コバルトブルー+FFW+G:ラベンダー+C:蛍光ピンク
灰 F:ファンデーショングレー+ G:ラベンダー
・黄 ガンダムカラーイエロー
5+ C:蛍光ピンク+F:ルミレッド

ラベンダー G:ラベンダー+FFW 











フル装備のエクシアは1/144といえど迫力があります。











各部にスジ彫りを追加し、情報量を増やしました。


肩アーマー(段落ちモールド)の処理が良く分かると思います。


各部に追加したリベットはAN製で、φ0.4mm、軸にいたっては0.3mm!
接着には気を使いました^^;






頭部もシャープに作りこんでいます。
頬ダクトのフィンはプラ版から作り起こしました。


ブレイドの保持パーツにもディテールを追加。


下肢のスジ彫り、ディテールがよく分かるviewです^^


GNドライブは光にかざすとうっすらとグリーンに輝きます。
画像では分かりませんね^^;



ライフル、ソード、シールド機能を併せ持つ混合兵器。
ソードはシャープに削り込むなどこだわって製作しました。





1/144というのに作り終えた達成感はかなり感じられます(
というのも、このキットは良く動きスタイルも抜群で、HGUCガンダムと並べるとその完成度の高さを実感します。
同時に面と線の多さも認識できますが、これらの整面に加えて塗り分け
(マスキング)が大変です。
まだ放送開始間もないため、私自身この機体
(配色)が良く分かっておりません。
説明書を見ながら塗面の広さよりマスキングの効率を考えながら作業を進めてきました。ある意味
1/100よりも大変かもしれませんね^^;


製作中
アクションポーズ集

top