HGUCガンダム塗装済み完成品です。スケールは1/144となります。
キットとしては古いものですが、スタイル・稼動域ともに好評であることは周知のごとくです。
今回はさらスタイルの向上に努め、細部を煮詰める事で「大人のコレクション」として十分耐えうる完成度を目指しました。

以下改修点となります。
頭部
前後合わせ目消し。
フェイスはノーマルの上を削り若干上方で固定、目つき(雰囲気)を変えています。
前後モノアイはオーロラデカールを貼り、集光パーツとしました。
上肢
肩アーマーはプラ版で一回り大きく、また厚く整形し筋彫りを追加しました。
肘のマイナスモールドはノーマルの凸から、市販品を用いることで凹二変更し、きた機体色と塗り分けることで稼動用のフレーム感を強調。
上腕はノーマルのまま使用し、前腕はプラ版で2mm延長しました。手首はHDMに変更し、
周囲にジョイントを隠すために○バーニアをくり貫いたパーツを追加しています。

左右に認めるBJ(シールド取り付け用)の穴ですが、手掌を体側に向けた際、各々前面に設けてあります。
これを左右逆にすることで後方へ移行させ、右腕となる穴をエポパテで塞ぎました。
左腕へのシールドの取り付けは、製作者の好みでアタッチメントを新造することで後方から外側へと変更しました。
ノーマルでは手掌方へ向けた際の外側のため、取り付け位置は変更されたことになります。

下肢
プラ版を使用し大腿で3mm、下腿で1.5mm延長しました。これに合わせてニーアーマーも上方へ1.5mm延長しバランスを取っています。
また、膝と足首のマイナスモールドを肘と同様に凸から凹へ、つま先はエポパテを使用し、延長と角度を好みのものに変更しました。
足首(フレーム)のシリンダーパーツは削り落とし、モビルパイプと真鍮線で新造しました。
足裏のスラスターはノーマルを廃し、市販パーツ+つぶし玉の3重構造とし、このスケールとしては良好な密度が再現できたと思います。
バックパック&ウェポン
バックパックに開口してあるシールド取り付け用の穴は、スケール感を損なわせるものですがその機能は必須。
そこでシールドを背負っていない際、穴を隠すためのパーツを角バーニアとプラ棒で製作しました。
また穴両側のモールドは削り落として市販の○バーニアと極薄プラ版で製作しデザインを変更しました。
ノーマルのメインスターはいかにも貧弱でしたので、旋盤加工した市販品
+メタルバーニア+リベット棒でハイディテールなものに変更しました。
スラスター基部にはモビルパイプを配置し稼動感を強調
(本作例では固定)しております。
バズーカーは、最終戦仕様を再現すべく2基用意しました。カラーリングは製作者の好みで2色を塗り分けVer.Ka風に仕上げました。
格納されているミサイルは市販品を使用し、一体型から別パーツに変更し同時に塗り分けました。
ライフルは銃口をピンバイスで広げスリットを掘り下げています。














































今回の付属品すべてです。

塗装レシピ
フィニッシャーズ:F クレオス:C ガイアノーツ:G
(機体色)Fファンデーションホワイト+Fスーパーディープブルー
青:Fスーパーファインコバルト+Fファンデーションホワイト+C蛍光ピンク
赤:Fピュアレッド+ Fファンデーションホワイト+C蛍光イエロー
黄:ガンダムカラーイエロー5+C蛍光レッド+F ファンデーションホワイト
(フレーム)Fファンデーショングレー+Fスーパーディープブルー+ Fファンデーションホワイ
(ウェポン)Fファンデーショングレー+Fスーパーディープブルー+ Fファンデーションホワイ+Cネイビーブルー

ノーマルとの比較
top

トップコート:Cつや消し+Gつや消し