top

白:Fファンデーションホワイト+ピュアブラック
青:Fスーパーファインコバルト+Fファンデーションホワイト+C蛍光ピンク
灰:Fファンデーショングレー+Fファンデーショングレー+Cネイビーブルー(濃淡の2色)

F:フィニッシャーズ C:クレオス

塗装レシピ

SFCは、下地の処理を適切に行うことで、使いやすい上に最高に発色してくれる塗料でありました。
調色の仕方で化けてくれそうで、いろいろ試してみたいですね^^

改修点
頭部
アンテナはポキッに冷や冷やしながら限界までシャープに削り込みました。
ヘルメットは前後に1.5mm延長。
フェイス、頬部を削り込み小顔化しました。
首周りにはプラ版やジャンクパーツでディテールを追加しました。
上肢、胸部
コックピットハッチにはプラ版でMG風ディテールを追加。
手首はHDMに変更し、ポリパーツ隠しのため角バーニアをくりぬいた物を追加しました。
肘パーツにはスジ彫りを追加し情報量を増やしました。
サーベルはキットの手首1体型から、ビール、柄、手首(HDM)の別パーツ化しました。
腰部
腰部の前アーマーはプラ版で縦に3mm、横に1.5mm延長しました。
中央の突起)は6mmと大胆に延長しました。
大腿は4.5mmと長足化しました。
ふくらはぎのスラスターは他社製に置き換え、内部にメタルパーツを追加し、2重構造としました。

専用スタンドはケヤキのしっかりした物を選択し、ウォールナットをしみこませ色を調整しました。
制作中の画像はこちらです

HGUC Zです。
以前作成したことがあるのですが、自分の成長ぶりを見てみたくて再チャレンジ!
ってのはウソ^^;
SFCが使いたかったので、小改修でかっこよくなる青い機体・・ということでの選択です。
SFCを使った作例は数発表されていますが、どれもすばらしい発色です。
モデラーがすべて凄腕ということなので当たり前と言えば当たり前^^
sadaのような素人がSFCを使ったら・・・というリサーチでもあります。