MG百式
バリュートシステムとパックのキットですが、本体のみ制作します。
何と言っても「金」の表現にかかってくる機体ではないでしょうか・・
今回はスタイルと可動域の改修を主に制作します。

頭部
ノーマルでも非常にバランスは良好です。
しかしどうしてもシャアとイメージが重なりません。
機体色が「黄」と言うこともありますが、シャアがガンダム系に搭乗した場合
・・・を想像すると、百式にニュータイプの臭いが薄いのでは?・・・つまり量産のイメージが強い、という結論に達しました。←あくまでsadaの主観。
機体色は確かにスペシャル。では何が足らないのか?
百式を制作するに当たり、仕事中にもかかわらず考えておりました。

劇場版の様にツインアイ化は、よりニュータイプ仕様にするための有効な手段ですが、ガンダムのフェイスをコンバートしたら?
と言うことで、ゼータプラスのフェイスを百式風に改修し、取り付けました。
かなりの小顔化となりましたが、頭部のみの画像でもよりスペシャル・・
ニュータイプ専用の機体と思えるようになったのではないでしょうか?

腰はエポパテから削りだしたパーツにBJを追加し2重関節に変更しました。
lこれにより可動域が広がりました。
また腰がやや延長されますのでスタイルとしては良好になりました。

首も2重関節に変更しました。

肩スラスター下縁にプラ版で受け皿を追加

首周りをプラ版、エッジングパーツにてディテールを追加。

本体−バックパック、前腕、膝裏のエネルギーパイプはモビルパイプに置き換えました。

腰部フロントアーマーはプラ版にて隙間を調節、同時にエッジをシャープに。
排気用のディテールは開口し裏から何らかのディテールを追加します。

後ろ側のエッジをシャープに整形しました。

j上腕プロテクター裏の肉抜きはディテールを彫り込んだエポパテで埋めました。

股関節は4mm下げ、足長にスタイルを変更。同時に可動域も拡大しました。

足関節は可動域の拡大を図り角度を変更しました。

足の甲(裏側)は市販パーツ、スリット入りプラ版で機械構造をそれらしく新造しました。

膝関節は最大屈折時にポリパーツがむき出しになります(右)。そこで大腿、下腿を接合後にできる蓋を作成しました。

バックパックのバーニアはやはり小さすぎる感があります。
基をかさ上げし、スペースを確保することでより大きなバーニアを取り付けられるようにしました。

ライフルは銃口をスリット加工。
エネルギーパイプをブラスパイプに変更しました。