Master Grade GUNDAM MK-U Ver2.0

まず組んだ時の感想は、「することない・・」でした。スタイル、可動域ともに文句を付けがたく、ある意味モデラー泣かせなキット・・。下手に改修するとマイナスに働くと判断しました。
本作品はディテーリングを施し、情報量を増やすことによりオリジナリティーを強調しました。
また、股関節部の緩い関節を強化し、よりポージングの確実性に関しても改正してあります。
やや画像が多めでありますが、ゆっくりとご覧下さい。
制作中の画像はこちらになります。

よく動くキットですから、様々なポージングが可能です。

立て膝のご覧の通り

前後モノアイは、クリアグリーンで塗装した透明プラ版で蓋をしました。前部モノアイは別パーツで内部ディテールを作り込んであります。

フェイスは削り込み小型化、口の延長、首を延長し印象はかなり変わりました。ツインアイは0.3mmプラ版で、一回り小さく新造しました。
胸部のセンサーはノーマルを削り落とし、より大きく新造し別パーツを強調しました。センサーのメタルパーツと極小Hアイズで作り込みました。また胸部と股間等にモールドを追加し、情報量を増やしました。
股間ブロックにはアポジーモーター風ディテールを追加しました。

わかりにくいですが、コックピットパッチ(濃紺)側面の一部は一度切り離しモールドを追加後再接着、この際裏を削り込んでいますので通常より奥まった位置に接着されます。これによりフレームが少し露出されます。

首周りには他社製パーツで、首両側にはエポパテとメタルパーツでディテールを追加しました。

バーニアにはメタルパーツでディテール追加。

パイプはノーマルから他社製の、より重厚な質感のものに変更しました。

肩ダクトはプラ版でフィンを作成、底面はスリット入りプラ版で蓋をしてあります。画像では確認できませんが・・・^^;
両前腕のポリパーツは未使用時に隠せるようにエポパテでディテールを彫り込んだパーツを作成(×2)しました。

膝アーマーには雑誌作例を参考にモールドを追加し、ふくらはぎダクトのフィンのプラ版で作成すると同時に形状を複雑化しました。

付属品です。スタンドはノーマルのカタパルトデッキ風から、メンテナンス風に変更(←両足を揃えた格好がどうしてもなじめなかったので・・・)。手首は5本指が独立に稼働できるよう工作したものに加え、HDMを追加しました。尚画像にはありませんが、ビームサーベルが2本付きます。

ノーマルとの比較ですが、スタイルに変更が無いことがお分かりになると思います。
小顔化は効果的であったと思います(^^

今回最も手が入っている上半身ですが、ノーマルと比較するとその情報量は歴然です・・私的に(^^;

股間ブロックはエポパテで大胆に大型化しました。普通に立たせただけでもそれなりにかっこよくなります。

チューブの変更も効果的(^^

バズーカーのスコープはメタルパーツで内部を製作し、クリアグリーンで塗装した透明プラ版で蓋をしました。

シールドは基本的にノーマルですが、オリジナルデカールを貼りました。

バルカンポッドのセンサーも他パーツ&透明プラ版で作り込みました。
ベルト(?)も細かく塗り分けました。

クルーとパイロット(コックピット内も)はこのように塗装しました。

あまり手を入れていないつもりでしたが、このようにページを作成してみますとそこそこやってるなぁ・・と感じています。どんどんよくなるキット達をどのように仕上げていくか・・我々ネットモデラーはただ作っただけでは見て頂いて方に何も感じて頂けず、頭を悩ます所です。まぁ、それでも凄腕をお持ちの方々はすごいものを作られるんですが(^^;・・・
私の作品の完成を楽しみにして頂けるようなモデラーになるべく、2006年もがんばろうと思います。

top

頭部
ノーマルの気になった所は、前作から引き継いでいる馬面と首が短く顎が引けない・・という点でした。そこでフェイスを削り込み、接地位置を1.5m上・奥へと変更。それに伴いひさしを削りツインアイが見えるようにしました。ヘルメット(フェイス横)も削り、今までの改修でかなりの小顔化が出来ました。首も2mm延長し、顎引きも可能です。ツインアイは0.3mmプラ版でノーマルより一回り小さく新造。口はプラ版で1mm延長しました。首の付け根にはプラ版でディテールを追加、エリはエポパテで高く修正しました。アンテナは、定番ですがシャープに整形し、裏側には2.5mmプラ版でディテールを新造しました。前後モノアイに関しては前部モノアイは別パーツで内部ディテールを作り込み、クリアグリーンで塗装した透明プラ版で蓋をしました。後部は開口後、透明プラ版で蓋をしました。

胸部
胸部のセンサーはノーマルを削り落とし、より大きく新造し別パーツ化を強調しました。センサー内部はメタルパーツと極小Hアイズで作り込みました。またモールドを追加し、情報量を増やしました。胸部ダクトのフィンは、0.3mmのプラ版に置き換え、周りもシャープに削り込みました。コックピットパッチ(濃紺)側面の一部は一度切り離しモールドを追加後再接着、この際裏を削り込んでいますので通常より奥まった位置に接着されます。これによりフレームが少し露出されます。

上肢
肩ダクトのフィンも0.3mmのプラ板に置き換え、底面はスリット入りプラ版で別パーツ化し、塗装後に接着しました。手首は左右で5種類のHDMを用意しましたが、ノーマルの物も5本独立可動ができるよう改修しました。前腕に見られるシールド取り付けようのポリパーツは、未使用時に隠せるようにディテールを彫り込んだ蓋をエポパテで製作しました。

腰部
股間ブロックにはアポジーモーター風ディテール(プラパーツ×2、メタルパーツの3重構造)、モールドを追加しました。サイドアーマー上部にはプラ版、メタルパーツでディテールを追加しました。

下肢
下腿外側部のフィンは、ノーマルを削り落とし、0.3mmプラ版で新造しました。フィンの形状もノーマルに比べ、複雑化しました。膝、下腿アーマーには雑誌作例を参考にモールドを追加し、ふくらはぎダクトのフィンのプラ版で作成すると同時に形状を複雑化しました。アンクルアーマーのディテールは丸モールド+αで作り直しました。内部は塗り分けし、塗装後に接着しました。パイプはノーマルから他社製の、より重厚な質感のものに変更しました。

バックパック
一部のディテールは曖昧であったため、合わせ目を消す際に削り落とし、エッジングパーツに置き換えました。パイプは下肢同様ノーマルから他社製の、より重厚な質感のものに変更しました。

武器
基本的にキットのままですが、バズーカのスコープは内部ディテールをメタルパーツで作成後、クリアグリーンで塗装した透明プラ版で蓋をしました。

塗装レシピ

F(フィニッシャーズ)ファンデーションホワイト+ピュアブラック少量
濃紺
ネイビーブルー+コバルトブルー

Fピュアレッド+蛍光イエロー少量+Fファンで−ションホワイト少量

Gカラーイエロー(1)+蛍光オレンジ少量+Fファンデーションホワイト少量
グレイ(内部フレーム)
Fファンデーショングレイ+ピュアブラック少量+コバルトブルー
およそでありますが上記のカラーをハンドピースにて塗装。

デカール
付属の物は一切使わず、オリジナル+市販(水転写)のものを使用しました。

トップコート
つや消しにて施行。

付属品
スタンドはノーマルのカタパルトデッキ風から、メンテナンス風に変更(←両足を揃えた格好がどうしてもなじめなかったので・・・)。HDM、ビームサーベル2本、ライフル、バズーカ、シールド、1/100クルー・パイロット(2体)、説明書、元箱となります。