B-clube製ナイチンゲール(1/144)


逆襲のシャア
逆襲のシャア(ベルトーチカチルドレン)で、シャア最後の搭乗機です。
自己最高の工作量工作量を経て、ようやく完成しました^^;
キットすべてのパーツに対し改修を施しました。
以下に改修点をまとめてみましたが(読む気失せますね^^;)、
そのすべてを文章にすることは不可能ですので、大まかなポイントとお考えください。
若干の変更点はありますが、ブログで確認して頂いた方が伝わる事も多いかもしれません(汗
以前より気になっていたキットでしたが、なかなか手に入らない・スキルが足らないという理由から製作を避けていました。
今回は安くキットが入手でき、かつ自分のモチベーションの上昇に伴い思い切って製作しました^^
まずパチ組した印象は、
「本当に1/144?」でしたが、先日発売されたHGUCサザビーと並べてみるとなるほどのスケール。

大きなバインダーやリアスカートのお陰でスケール以上の大きさと錯覚します。
ナイチンゲールという機体はプラスチックモデルとしては存在せず、B-club・クラブM・個人ディーラーによりガレージキットとして立体化されるにとどまっています。
ゆえに作例も世に出ることが少なく、自分自身かっこいいナイチンゲールを明確に出来ないでいました。
過去の雑誌・設定画集を出来るだけ入手し、ナイチンゲールとは?を自分なりに解釈し改修しました。
模型歴5年と、それほど経験が深いわけではありませんが、集大成のつもりで製作した作例です。
頭部
ブレードアンテナはプラ版からの削り出しです。設定画を参考にライン、取り付け角度の変更をしています。
ヘルメットの固定はネオジウム(マグネット)+釘で行います。
モノアイはラインストーン+市販極小モールドで、若干ですが稼動します。周囲はプラ棒等でディテールを製作しました。
首はBJに変更。
首周りのディテールは既存を削り落とし、市販パーツでより高精度なディテールを構成しました。エネルギーパイプはHiQparts製です。
胸部
肩アーマーは胸部に固定する方式に変更(見た目の肩関節が上がります)。その際基部(4箇所)にプラ版でダミーの可動ディテールを製作。
両サイド(フロント)の角バーニアは市販品に変更し、精度を向上しました。
胸先のエッジをエポキシパテにて尖らせました。
■上肢
肩アーマー裏側のバーニアとエンジンは(3×2)は、市販○バーニア+スピンサート+AKOホビー製ミディアムスラスター(2重構造)で製作しました。
また中央で切断し、約6mm幅ましして再度接着。

従来胴体と肩のラバーシールドは一体型です。作例ではそれぞれを別パーツ化し、間にBJを仕込みました。
これにより塗り分けの精度が向上し、前後若干のスイングが可能となります。

手首はHDM(1/144 マラサイ用)に変更。種類も豊富です。
■胴体
腰関節にBJを仕込みました。前後左右、回転が可能です。可動の為の隙間隠し用ウエストパーツをプラ版で製作しましたので、どのように動かしても隙間は見えません。
両脇のパイプは従来スプリングで再現されますが、作例ではモビルパイプとメッシュチューブの2重構造に変更しました。
取り付け位置も変更し、胴体の可動に対応させました。

中央股間部にエポキシパテ+市販パーツでディテールを製作。
フロントアーマーはノーマルの気になる形状、大きさをカバーする目的でプラ版からのスクラッチ。
裏側の隠し手(?)もスクラッチしています。関節にHGUCの肘を流用するなどその可動にも気を使っています。
側面の角バーニアは市販パーツ+プラ版で製作し、それぞれ段落ち部に接着してあります。

サイドアーマーは3分割し、基部のフレームはプラ版の箱組によるスクラッチです。
裏側のバーニアとエンジンは(3×2)は、市販○バーニア+スピンサート+AKOホビー製ミディアムスラスター(2重構造)で製作しました。
また裏側ディテはバキュームフォームで製作したものを取り付けています。

リアスカートは基部の気になる出っ張りを削りラインが自然に流れるように変更。表面にパネルを追加し間延びしないように。
サイドのスラスター(4基)AKOホビー製スモールスラスターのインナー、後方の2基は同じくAKOホビー製ラージスラスターU+ミディアムスラスターのランダム構成
で再現しました。裏側の巨大プロペラントタンクは中空加工して軽量化。裏側両サイドのスラスターはMODEL UP+AKOホビー製に変更し、
フレームと連続するチューブはスプリングからメッシュチューブへ、またその取り回しも従来から変更しました。フレームに配される各バーニアも市販品に変更しています。

■下肢
股関節は、ブロック側は軸を@上外にオフセットするためスクラッチし、A足側がザクVer2.0から流用しました。B膝関節の隙間を徹底的に見直し若干短縮。
@ABの工作で20mm弱短縮に成功しました。

股間下面には3mmの棒が差し込める工作が施してあります(普段は角バーニアで蓋が可能)
ただし、6kgもあるキットのため浮遊でのディスプレイはお勧めしません。
下腿フレアーは大きく形状変更(縮小が目的)し、外周デザインもラインを増やすことで情報量を増やしています。
スリッパは3本の爪、スリッパのすべてをボリュームダウンし、デザインも変更しました。
ノーマルの重い印象から、「動く」を意識したものに変更。この際サイドの爪はリアリティーを重視し固定しました。裏側にもディテールを製作し情報量を追及しています。

足首はフレアの隙間からチラ見えする箇所なので市販パーツやプラ棒でディテールを製作しました。
フレア内部のエンジン+スラスターもやはり市販パーツやアルミパーツで製作しアクセントとしました。
フロント股間ブロックの先端部は簡単に取替えが出来るよう、「被せてある感」を表現すべく改修しました。
まず、ノーマルの先端と芯の境である段差を削り落とし、芯と僅かな隙間ができる大きさで先端部をプラ版で箱組みしました。
この隙間にはエポキシパテやプラ版でディテールを製作しはめ込んでいます。
本体とのジョイント部であるポリパーツは塗装が出来るようプラ版で覆い、周りにディテールを追加しました。

■バインダー
本体との取り付けはザクVer2.0の肩関節から流量し、基部情報量の増加や可動域の拡大を可能としました。
フレームの曖昧なディテールは同類の市販パーツに置き換えメリハリを付けました。
大型から小型のバーニアはすべてHiQpartsが取り扱うアルミ製に変更し、多重構造化や内部を塗り分けました。
スプリングによるディテールを追加しました。
外装のダルなエッジはエポキシパテでシャープに整形。
ファントム(固定式)の砲身はソケットピンに変更。
■バックパック
3基のバーニアはAKOホビー製に変更。
プロペラントタンク
上段の2つはプラ版等でスクラッチ、下段の1つは市販品+スピンサート+αで製作しました。
その他共通作業
1mmスチールボールを各部に埋め込み。
パーツの重なりを考えスジの彫り角度を検討。
■スジ彫りの追加。
デカールは自作と市販の水転写式を随所に貼っています。
追加付属品
ビームサーベル(1本、その他エフェクトパーツ多数)はすべてグラデーション塗装HDM、専用台(鏡面)、プレートが付属します。




1ページあたりの画像を制限していますので、ページ数も増えてしまいましたが、
コーヒーでも飲みながら、ごゆっくり見てくださいね^^


製作中その1
製作中その2
全体像
詳細その1
詳細その2
アクションポーズ集
付属品