FSSに登場するPHANTOM/SCARLETを製作しました。使用キットはワークショップキャスト製のガレージキット、スケールが1/100、原型氏は生嶋殻彦さんです。
キャストのパーツ数は84で、剣はホワイトメタル製、本MHの最大の特徴である髪のように靡くスタビライザーはエッジングパーツで再現されています。
固定ポーズキットで、右手首は初登場シーンと、ベクターに「行け」モードのコンパーチブル。左手首も「平手」と「握り手」が付属します。
以下に工作内容を示します。
1.離型剤を落とすため、歯ブラシを使用しクレンザー→中性洗剤で徹底的に洗浄しました。
2.キャストのバリ、ヒケを処理。必要に応じてパテを使用しています。
3.モールドは、ほぼすべて彫りなおしました。この際の使用工具は、モールの太さや深さに合わせてデザインナイフや各種タガネを使用しました。
4.各パーツを真鍮線を使用し繋げています。強度が必要な場合は。太さを太くする、本数を増やす等をして対応しました。
5.パーツの合いが悪い、もしくは変形がキツイ場合は、エポキシパテで調整しました。(左手親指、腹部、台座等)
6.徹底的に表面処理を行いました。
7.工作が一通り終わったところで洗浄し、サーフェイサー(プライマー入り)を吹き、傷が残っている場合は無くなるまで処理を続けました。
8.塗装。方法、レシピは後述。
9.色の劣化を防ぐため、赤の部分は二液型ポリウレタン塗料、フレーム部はオートクリアーでコートしました。
10赤のパーツはウレタンが十分乾燥した時点で、1500番のサンディングスティックで表面を均しました。この際に下地が見えてしまった場合は再度塗装しました。
11.赤のパーツを研磨。タミヤコンパウンド(細目)→ハセガワセラミックコンパウンド→Mrコンパウンド(極細)→ハセガワコーティングポリマーで仕上げました。もちろんコンパウンドを変える際と、コーティング前は洗浄して綺麗にしています。

塗装の詳細
1.サフ、下地、本塗装後は2000番のヤスリを使用し表面を均しています。
2.レシピ
 赤 フィニッシャーズのリッチレッド+ピュアイエロー+Mrカラー マルーン
 フレーム色@ Mrカラー スーパーアイアン+フィニッシャーズ ナイトゴールド+ピュアブラック
 フレーム色A フィニッシャーズ スーパーディープブルー+ファンデーショングレー+ピュアブラック
 一般的なフレームは@、装甲裏をAで塗装し、フレームの艶は@が艶あり、Aが艶なしとして質感を変えています。
















next
製作中画像