スタイルの変更はせず、ディテーリングに凝った作品に仕上げました。本体の出来の良さは当たり前として、羽・武器・スタンドもすばらしく、まさに既存するキットの中では間違いなく最高レベルと言えます。今回は細かな作業を自分の限界に挑戦し、後付け作成パーツは過去最高点数となりました。
作成中の画像はこちら

MG Wing Gundam Zero

                               頭部
フェイス(頬)を削り込み小型化し、取り付け位置は約0.5mm奥へと変更しました。口の形状をアルテコで変更し、頬・側頭部のダクトを他パーツで作り直し、メリハリを付けました。アンテナは各部をシャープに削り込み、中央のセンサーは深く彫り込みディテールを追加し、クリアーグリーンで塗装した塩ビ板で蓋をしました。アンテナ取り付け位置は、モノアイをよく見えるようにするため、目つきを変えるために通常より1.5mm下げています。前後モノアイもセンサーディテール (アルミテープを裏から貼ったHアイズと他市販パーツ)を作成し、クリアーブルーで塗装した塩ビ版で蓋をしました。

                               胸部
0.3mmプラ版でディテールを追加、センサーは、ノーマルのメタルシールを貼った上に透明パーツをかぶせるという作りから、丸パーツ×2、Hアイズ(アルミテープを裏から貼ります)、透明パーツの4重構造としました。バルカン砲はピンパイスで開口

                                腕
前腕のセンサーは内部ディテールをエポパテで作成し、Hアイズ(アルミテープを裏から貼ります)を埋め込み、クリアーグリーンで塗装した塩ビ版で蓋をしました。

                               腰部
前アーマーのエッジはエポパテを盛った後にシャープなラインへ変更。股間ブロックの張り出したディテールも1mmプラ版で大型化しました。
                               下肢
大腿部スリットを開口し、膝アーマーはポリパテにてアウトラインを小変更し、下腿にはスジ彫りを追加しました。甲のくぼみはセンサーと認識し、オーロラデカールでそれらしく。
                              ウィング
2個1です。前後に切り出ししたパーツを追加し、ノーマル然としていますが、確実にそれと違う情報量を有しています。子羽根はすべてレジンに置き換え、塗装とヒケの処理を可能としました。
                               武器
ライフルのセンサーは内部にディテールを追加し、クリアーグリーンで塗装した塩ビ版で蓋をしました。                           その他ディテール
バランスを見ながらエッジをシャープに削り込み、肩部・腰部・足根部にメタルパーツを追加し、アクセントを付けました。