MG ZAKUU(シャア専用機) Ver2.0
スタイル、可動ともに申し分ない好キットです。
我々ファースト世代には、まさに直球ど真ん中のスタイルではないでしょうか?
今回は少ない弱点を克服し、おじ様のコレクションに耐えうる完成度を目指しました。
ゲルググVer2.0と製作を選択する上で、自分にとってジオンを代表するのはザクという意味不明な固定概念を尊重し、両方は無理ならザクだ!ということで張り切って製作しました。




決して足長ではないんですが、スカートからはみ出んばかりの太もも、それとほぼ同じ太さのふくらはぎ・・いいです!
足の大きさも小さめでアニメ版を忠実に再現されています。




後ろから
個人的にはまりのview^^



スカートは、広く取ってある隙間をプラ版で最適化しつつシャープに整形しました。
股間両脇にはメタルパーツでアポジモータを追加しました。




今回初めて採用したメタルバーニア。
使用したのはHiQ-partsさんから購入したAKOホビー製です。
旋盤加工では表現できないシャープさと薄さがあります。
今回は4重構造とし、内部をクリアーレッドで塗装することでアクセントをつけています。
また、バックパックの排気口はプラ版で新造しました。


すねのスラスター処理です。
バックパック同様AKOホビー製と、コトブキヤ○バーニアを組み合わせました。
また、キラリト光るリベットはHiQ-parts製です。
φ2mmと非常に小さなものですが、個々の制度は抜群で、複数購入しましたが欠品なし!
塗装することで用途は無限大です。


ふくらはぎのバーニアはAKOホビー製で3重構造です。
やはり内部をクリアーレッドで塗装してます。



足裏のバーニアはRCパーツ+つぶし玉の3重構造です。
また塗りわけも細かくしております。



今回目玉工作でもあるモノアイ発光ギミック。
ありそうでないスペースにかなり苦労しましたが、HiQ-partsさんご提供の極小LEDに助けられました。
若干の制限はあるものの、首振りに連動してモノアイが稼動するギミックも殺すことなく入れ込む事が出来ました。
また、LEDの小ささゆえ、ノーマルのモノアイを被せる事が出来ました。
これにより、消灯時でもモノアイ部の情報量は決して疎になる事はありません。周囲に極小ディテを再現しています。


モノアイのON、OFFは胸部のスイッチにて行います。
右側にシャアが乗るコックピット、左側には他キットより製作したコックピットをバッテリーボックス+スイッチが配してあります。



マシンガンです。
今までいろいろな武器を作りましたが、最もかっこいいと思いました。
スコープはラインストーンとモビルパイプでそれらしく工作、


バズーカのスコープもマシンガン同様、多重構造化。

見にくいですが、ミサイル待機口にはつぶし玉を仕込んでいます。

また、もう一つの目玉工作のミサイル発射時の噴煙エフェクトパーツです。
エポパテで、ミサイルが回転しながら発射されるイメージで製作しました。



キット付属のシャアは2体とも丁寧に塗装しました。


今回は専用スタンドも付属します。
写真たてを改造しました。


また、大部前に手に入れたフィギュアも付属します。


今回のフルラインナップです。

塗装レシピ
赤(淡):ガンダムカラーピンク(2)+Fルミレッド+Fファンデーションホワイト
赤(濃):ガンダムカラーレッド(2)+Fルミレッド+Fファンデーションホワイト
黒(機体):Fピュアブラック+Fファンデーショングレー
灰1:SDB+Fファンデーショングレー+Fファンデーションホワイト
灰2:Cダークシーグレー+Cパール+Fファンデーションホワイト

後書き
非常作りやすく、かつかっこいい・・というのが作り終えての感想です。
最近のキットは、元が素晴らしいだけに切った張ったの大手術は帰って負の方向へと進んでしまいます。
いかにセンスの良いディテールを追加できるか・・・に専念すれば、非常に所有する喜びを与えてくれるキットだと思います。
この作例がどこまで行けたのかわかりませんが、自分なりに満足いく出来!と自負してます^^
 
TOP     アクションページ     製作中